帰化申請流れ 

メディアアートとしての整体院 > 日記 > 帰化申請流れ 

帰化申請流れ 

2012年6月 9日(土曜日) テーマ:日記
帰化申請流れ(フロー)といっても、結局は国ごとにバラバラなのかもしれず、一般論として語ることはできないかもしれませんが、まあ、貴重な経験をしたのでご報告と行きたいです(笑)。
わたしの場合、中国国籍ですので、簡単に国籍離脱してしまうと後が大変なので、もうこの人には日本国籍をあげてもよいだろうと法務省が決めてから、国籍離脱の指示がありました。
帰化申請流れとしてご説明すると、帰化が許可されて、官報に名前が載り、そのことが法務局から連絡がありました。法務局から指示があって、その日に帰化許可通知書を頂きました。それはもう、本当にうれしかったですね。大学に受かったとき以上の喜びかな(笑)。韓国の大学受験の厳しさは、日本人の皆さんも結構ご存知だとは思いますが、それ以上でした 笑。
もう日本にとって外国人ではないのですから、外国人登録証を大急ぎで返還。それから帰化届を提出。めでたく日本人として戸籍が編成され、住民票も頂きました。今度、外国人にも住民票が作成されるとのことで、こちらのありがたみはちょっと薄れましたけど。これが私の経験した帰化申請流れです!



関連記事

帰化申請流れ 

帰化申請流れ 

2012年6月 9日(土曜日)

アポスティーユ

アポスティーユ

2012年5月29日(火曜日)